世界の卵料理 Vol.2 (鶏声85号より)

2011年06月04日(土) 鶏声編集委員 増田

世界の卵料理  Vol.2

北海道 クロス理恵

 

 

今回は、いろいろ悩んだ末、フランスに飛んでみようと思います。フランス料理といえば高級なイメージもあるのですが、私たち庶民にも作れるような、フランスの家庭でよく作られている料理を探してみました。

注: バターやチーズはたっぷり使うようです。バターは無塩バターを使っていますが、有塩バターでも全体の塩分を減らせば大丈夫です。チーズは、くせのないエメンタールチーズをよく使うようですが、好みで他のチーズ(パルメザンチーズやとろけるチーズなど)を使ってもかまわないようです。(私も実際エメンタールチーズは食べたことありません。)

 

たまねぎのキッシュ (Tarte aux oignons)

材料 (24cmタルト型1台分)

冷凍パイシート 2枚

たまねぎの薄切り 大2個分

オリーブオイル 大さじ2〜3

塩、コショウ 各少々

 

*A

卵 3個

生クリーム 200cc

塩、コショウ 各少々

 

エメンタールチーズ 適量(好みで)

 

  1. 冷凍パイシートをタルト型に敷き入れます。

  2. たまねぎをオリーブオイルで、きつね色になるまでじっくり炒め、塩、コショウをします。その間にオーブンを180度に温めておきます。

  3. たまねぎをシートを敷いた型の中に入れて全体に広げます。

  4. Aの材料を混ぜ合わせ、たまねぎの上に流し入れ、チーズをふります。

  5. オーブンで、25分から30分焼いて、竹串を刺して、何もついてこなければ、出来上がりです。少し冷ましてから、切り分けます。

*本来は、きちんとタルト生地を作るのですが、今回は簡単に冷凍パイシートを使ってみました。生クリームも、牛乳に変えても大丈夫です。さめてもおいしく食べられます。タルト型がなくても、耐熱皿でも作れますよ。

 

 

ココットプロヴァンス風

(Œufs en cocotte à la tomate fraîche)

材料(ココット4個分)

 

卵                         4個

完熟トマト              3個

オリーブオイル        大さじ1〜2

バジルの葉(生)     10枚

エメンタールチーズ   適量

バター(型に塗る)   適量

塩、コショウ                       各少々

 

  1. ココットにバターを塗って、トマトは皮と種を取って、粗みじんに切ります。バジルの葉も、粗みじんに切ります。

  2. オーブンを180度に温めます。鍋にオリーブオイルを熱し、トマトを中火で炒め、とろっとしてきたら、火を止めて塩こしょうし、みじん切りにしたバジルの葉も混ぜ入れます。

  3. ココットに出来上がったトマトソースを敷いて、卵をそれぞれのココットに割り入れて、おろしチーズをのせます。

  4. オーブンに入れて、10−12分ぐらい焼きます。あつあつをどうぞ召し上がれ。

 

ガトーショコラ (Gâteau au chocolat)

 

材料 (25cmの型1台分)

卵                            5個

ビターチョコレート 200グラム

無塩バター        100グラム

グラニュー糖    200グラム

薄力粉                        50グラム

バニラエッセンス         少々

  1. 卵を卵黄と卵白に分けます。型にオーブンシートを敷いておきます。
  2. 鍋にバターと小さく割ったチョコレートを入れて火にかけ溶かします。
  3. 2をボウルに移し、グラニュー糖を加えよく混ぜます。
  4. 3に卵黄を加えよく混ぜ合わせます。
  5. 4に薄力粉とバニラエッセンスを加えて混ぜます。オーブンを160度に温めておきます。
  6. 卵白を固く泡立て、5に3〜4回に分けて加え混ぜ、全部加えて良く混ぜ合わせます。
  7. 型に流し入れ、オーブンで、25〜30分焼きます。表面がひび割れてきたら出来上がりです。冷めてから切り分けます。

 

*とても濃厚な味わいのケーキです。表面が乾いて、地割れのようにひび割れたら大成功です。チョコレートはカカオが多いものを使ってくださいね。

今回紹介した他にも、おいしそうなレシピがたくさんありました。 スフレやクレープも代表的な家庭料理のようです。

 

 

それでは、また次回をお楽しみに!

Bonne journée!

 



コメントはこちらへ!

You must be Logged in to post comment.