関東交流会報告(鶏声85号より)

2011年06月04日(土) 鶏声編集委員 増田

関東交流会報告

千葉県 西村和彦

2011.02.26-27千葉県長柄町 都市農村交流センター・ログハウス

いつも次に開催するのはどこにするかで悩むのですが、今回は加藤晟次さんから「私のところで」と申し出があって監事も引き受けて貰ったので大変助かりました。そして今までにない場所での開催となりました。

今回のメインは加藤さんが取り組んでいる井戸掘りでした。

千葉県の上総地方に昔から伝わる伝統的な「上総堀り」を、動力を使って現代風にアレンジした方法で加藤さんが井戸掘りをしています。定年後に埼玉県の春日部市から千葉県の長柄町に入植して卵や栗を近くの道の駅などにて販売し、近く奥さんも長柄に住まいを移すので家造りと併せて井戸を掘り始めました。海抜80m程あるので、井戸掘りの目標も80~100mとのことでした。

昨年10月に兵庫から清水さんの参加がありましたが、今回は滋賀県から草野さんの参加があり、福島からの芳賀さんの参加もありブロックを超えた交流が活発になった感があります。当日は近くの長柄道の駅に待ち合わせました。

 

参加者は左から千葉県加藤晟次さん、埼玉県長谷川広司さん、茨城県から森睦夫さん、滋賀県から草野さん、茨城県から高田初美さん、千葉県から鈴木茂さん、前列芳賀克彦さん、そして西村和彦。

 

たったこれだけで井戸が掘れるのかとびっくりする見学の皆さん。

 

孟宗竹のしなりをバネにしてビットを上下させて人力だけで穴を掘るのが伝統の上総堀の技術でしたから、現在でも動力が手に入らないアジア、アフリカなどの途上国でNPOなどが井戸掘りに用いている技術ですが、加藤さんは耕耘機の回転を上下の動きに換えてビットを動かして井戸を掘っていました。バネの孟宗竹が無いぶん仕掛けは小さなものになりました。確かに井戸を掘っている場所は千葉県の上総地方ではありますが。複雑。

 

この装置は、加藤さんが見事井戸を彫り上げた後は希望者にお貸しくださるそうです。

実演する加藤さん

 

交流センターに移っていつもながらのバーベキューは芳賀さんが福島県いわき市の小名浜漁港や北茨城の大津魚港から仕入れてきたお魚と、加藤さんの農場からホロホロ鶏、比内鶏、烏骨鶏と盛りだくさんになりました。鶏の捌きは草野さんにお願いしました。切れない包丁で御苦労をおかけしました。

前回に希望が出されたので今回は参加者がアンケート用紙に答えて現況を報告しあったので、話も弾み、ログハウスに移ってからも話は尽きませんでした。

加藤さんの仮住まいは4畳半ほどでしたが、それを見て人間が生きるためのスペースを今更長柄に感じました。贅沢は入らない。灰色の男にささやかれて多くを望んではいけないと今更ながらに思いました。

 

 

 



関西ブロック定例冬季交流会の報告(鶏声85号より)

2011年06月04日(土) 鶏声編集委員 増田

関西ブロック定例冬季交流会の報告

 

さる、2月5日に兵庫県神埼郡福崎町にある温泉施設、文殊荘にて、関西ブロック定例冬季交流会が開かれました。参加者は今年度新入会、奈良県斑鳩町から参加の中村さん、同じく新入会の兵庫県淡路市の岡田さん、福井ラブリー牧場養鶏担当の山本さん、昨夏入会の滋賀県長浜市より草野さん、田中さん、妹尾さん、橋本さん、広岡さん(食事)、今井さん、西林さん、竹内さん、井上さん(高熱による体調不良により、食事会には参加できず、引き継ぎのみ)、清水の13名が集まりました。

早めに文殊荘に着いた組は広岡さんの養鶏場を見学にいったり、お風呂で寛いだり、例年よりも時間的にゆったりした集まりになりました。

いつも、皆が盛り上がる自己紹介と近況報告は、今回の議題が多いこともあり、急ぎ足で各自済ませて、詳しい個々の話は食事後の懇親会に譲り、皆ですき焼きと豚しゃぶをつつきながら、2年に1度の関西ブロック役員改選の議題から入りました。

井上会長から事前にお願いをしていた妹尾さんが次期会長を、清水の方からお願いをしていた西林さんが次期会計を引き受けて頂くという話になり、満場一致の拍手の中で決まりました。また、会長を快く引き受けて頂いた妹尾さんの鶏声編集の仕事の役を、清水が今井さん、妹尾さんの指導の下で勉強しながら引き継いでいくような形を取らせて頂くようにします。どうぞよろしくお願い致します。皆さんのご協力で役員の任を終え、次期の役の方に引き継げるようになって、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

次の議題として、現在全国事務局の持ち回りが順番の四国が引き受けられそうになくなっている件で、九州の役員の方たちとの話し合いの内容を皆さんに報告させて頂きました。現役員の私たちが意思統一できている内容を要約すれば、関西ブロックとしてはそもそもの事務局持ち回りの意義、皆で決めたことに則り、どうしても引き受けられないブロックが出てきた場合は、次回順のブロックと協議の上、合同で役目を受ける、という原則を九州が主導しながら四国・中国ブロックに話し合いを持ってもらい、今一度各ブロックが自らの責任を全うしてもらえるよう、強く指導していってもらう旨を要望致しました。

今回は初参加の方たちの若いエネルギーに満ちた楽しい話題が多  く、中村さん、岡田さん、山本さんから、養鶏に携わったころの初 心を思い出させてもらえるような、意義ある話題がどんどん出て、 なごやかな懇親会が始まりました。いつもは2~3人の集まりが自 然とできて、話題ごとに皆がかわるがわる移動しながら各自との親 睦を深めるような形式が多かったのですが、今回はいつものメン  バーが新しい刺激を感じたからか、酒も大いにすすみ、深夜になっ ても皆が一堂に大きく円座になって話がはずみました。話題は養鶏 の話に止まらず、農業全般の問題やTPP参加の可否、現民主党政 権のありさまについてまでも皆が活発に意見を交わし、熱を帯びた 意見交換の場になりました。

 

翌日、お土産(田中さんのプリン・卵・ワカメ、ヒグチファームさんからのビール、井上さんのソバ、草野さんの甘酒、妹尾さんのポンカン品種はるみ、買い出しの残りの酒・おつまみ)を皆で分けて、文殊荘前で記念撮影後、用事で帰宅する組のほかは、市原さんのところに農場見学に行く組と寄り道をする組とに別れてお昼前に合流後、たつの市の市原さんの農場を見学させて頂きました。市原さんの農場は風通しが良くて日当りの良い、高台に位置しており、合鴨農法により有機米栽培もやられていて、皆が岡崎オウハンの体格の良さに驚き、興味津々で鶏舎を見学させて頂きました。突然の大人数での見学を受けて頂き、市原さん、市原さんの奥様、どうもありがとうございました。

話はさらに盛り上がり、ここまできたなら…とさらに宍粟市の今井さんの農場までお伺いする組が出現、これも関西養鶏会ならではの仲間意識でしょうか、楽しくかけがえない時間となりました。

中居さんの指導の下、皆で布団敷き
今井さんの食鳥処理場を見学

(文責)清水 呂益



東北ブロック交流会の報告(鶏声84号より)

2011年04月01日(金) 鶏声編集委員 増田

平成22年度全国自然養鶏会

東北ブロック交流会の報告

 

福島県いわき市 芳賀克彦

 

今年の東北ブロックの交流会は、秋田県が持ち回り主催地です。

11月6日(土)、7日(日)にかけて、秋田県の男鹿半島のたもと、潟上市新関 湖南交流センターを宿泊地にして開催されました。

 

湖南交流センターへの集合時間は午後3時。私は午前7時に家を出発して、勿来インターから高速常磐道を北上、常磐富岡インターを出て、午前9時、前東北ブロック長の風見正博さんご夫妻に同乗いただき、国道6号線をさらに北上、途中、廃鶏の処理をしていただける場所と鶏肉ソーセージへの加工所を教えてもらいながら、野馬追いで有名な相馬を過ぎ、宮城県に入って、12時頃、山本インターから、再度常磐道に入りました。

ここまでで、ちょっと時間がかかりすぎたかと思いましたが、その後、仙台南高速道路、東北道、秋田自動車道は、非常に空いていて、昭和男鹿半島インターを出て、午後3時ピッタリに会場に到着出来ました。

 

到着するとすぐ、先に着いていた参加者の皆さんと、車で10分ほど離れた天王温泉クララで汗と旅の疲れを一流し、会場にもどりました。

 

会場に戻ると、東北交流会のメインイベント?全員で夕飯の準備です♪

 

 

 

 

 

 

深瀬ブロック長の指揮の元、料理の準備はテキパキと進んでいきます。

全ての食材と料理を載せていると、料理の話になってしまいそうなので割愛しますが、東北各地から持ち寄られた、地元の名産品がずらりと並びます。

交流会の参加者は、青森県から久保田雄三さん、森純一ご夫妻、八戸肇さん。岩手県から大和久彰さんの奥様。秋田県から日沼富也さん、小林勝彦さん、菅原専治ご夫妻。宮城県から今野吾彦・奥様ご夫妻、鎌田光雄さん。山形県から東北ブロック長の深瀬忠宏さん、伊藤利彦さん、黒田実喜雄ご夫妻、管 博さん。福島県から風見正博ご夫妻、高橋克彰ご夫妻、佐藤和夫ご夫妻、そして私、芳賀克彦の総勢24名。仲良くご夫婦で参加なさる方が多いのは、東北交流会の特徴の一つです。

 

料理がそろって、交流会では各自の近況報告が有りました。また、今回会場を設定してくださった、菅原さんの恩師にも特別ゲストとして参加、農業の現状など講和をいただきました。

 

 

 

 

 

 

美味しいお料理と、楽しいおしゃべりの中、風見さんご夫妻によるフラダンスの披露など、交流会はクライマックスへ。

 

 

 

 

 

 

 

いつしか時間は流れ、寝床の準備も整いましたが、各自の話はまだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、朝から雨が降っていましたが、まず、菅原さんの鶏舎見学。鶏舎はビーニールハウスを改造したもの、放し飼い場も付いて、羽数に比してずいぶんと大きく広々とした鶏舎で、鶏たちは、ゆったり過ごしていました。

 

 

 

 

 

 

 

写真には撮り忘れたのですが、餌の保管用に、いわきではあまり見かけないというか手に入らない、蓋つきのドラム缶が沢山有ったのにはちょっと驚きました。所が違えば、入手しやすいものも変わってくるものですね。

鶏舎見学の後は、菅原さんが比内地鶏の卵を出品している、ブルーメッセ秋田のアグリプラザ昭和(濃淡品直売所)へ見学に。

ブルーメッセ秋田は、広大な敷地内に、秋田県の花木種苗センターや観賞温室、レストラン、高齢者ふれあい館などが併設されている複合施設で、とても綺麗な所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菅原さんの卵をお土産に購入して、次は秋田の農業の賢人、石川理紀之介の資料を展示している、潟上市郷土文化保存伝習館へ、石川理紀之介は明治時代の農村指導者で、明治政府の要請をうけて、遠くは九州、宮崎県の谷頭村など全国の農村に農業を伝授して回り、生涯を貧農救済に捧げた人物。「老農」あるいは「農聖」と敬称されている方です。理紀之介の事は初めて知りましたが、師の残した名言、「寝ていて人を起こすことなかれ」や、「世にまだ、生まれぬ人の耳にまで/響き届けよ、掛け板の音」と毎朝午前3時に駆け板を鳴らし、農民に起床を促した話、また私の郷里、福島県でも、農村の土地や土壌などの総合調査とも言える「適産調」を行っていた事など、自給生活を目指す私にとって、非常に興味深い出会いとりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は、秋田油田と八郎潟を見学し(八郎潟では あまりの広大さに、写真を撮ることも忘れてしまいました。)、最後は、菅原さん宅で昼食を取り、名残を惜しみながらも解散となりました。

帰路は、東北道から磐越自動車道、常磐道と高速道路をひた走り、常磐富岡インターで、風見ご夫妻とお別れして、自宅に着いたのは午後9時。長旅でちょっと疲れましたね。

交流会に参加させていただくのは今回で2度目、東北の美味しい食材と、こころ温まる皆さんの対応と会話、養鶏場・販売所の見学等、楽しい時間もあっという間に過ぎてしまいましたが、今回も十分に堪能させていただきました。反省とすれば、早く酔いが回って、養鶏の技術や販売などあまりお聞きできなかった事。次回参加時には、質問したい事を整理しておいて、早めに質問してスッキリしてから酔うようにしたいと思います。

来年は、宮城県が会場になると聞いております。とにかく楽しい交流会ですので、他のブロックの方もぜひ奮ってご参加ください。

最後になりましたが、今回の会場を準備して頂いた菅原さんや秋田県の会員の皆さん、そして、参加いただいた会員の皆さん、往復の道中、全く眠気も起こさず走ることが出来るよう面白いお話を聞かせてくださった風見ご夫妻、ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 



関東交流会報告(鶏声84号より)

2011年04月01日(金) 鶏声編集委員 増田

 

関東交流会報告                                              西村和彦
2010.10.09~10 茨城県常総市 あすなろの里 
 
 溶接には不向きな雨模様だったので、急遽倉庫を会場にして定刻に溶接講習会が始まった。
 厚さ5ミリ、幅5センチの帯鋼を10センチに切った鉄片をアーク溶接で溶接するという練習をして、その後ハンマーでたたいてきちんと溶接が出来ているかどうかを確認し、溶接がうまくいった状態について体験と理解をしてもらった。ゲスト参加の女性(永井さん)も皆さんと同じように上手に溶接が出来るようになり、溶接を体験し、技術を身につけるという目的を果たした。
 今回は関西からも参加があり、その後北海道からも参加の打診があって、溶接の講習には広く要望のあることを感じた。

 

        白鳥の里自然農園 倉庫にて  作業服姿の講習会参加者

 

 

 会場をあすなろの里にある東屋に移しての交流会の頃には雨も本格的となり、大雨洪水警報・雷警報が出る中の海鮮バーベキューとなった。

 今回、メインの魚介類は福島県の勿来港から芳賀克彦さんが届けて下さいました。他に群馬から竹渕進さんと紋谷武志さんの野菜が届き、兵庫の清水さんからは地酒、焼酎、鶏肉が届きました。高田さんからは焼酎が,西村洋子さんからは岡﨑オーハンの肉が供されました。

 あまりの雨音に自己紹介の声も途切れ途切れでしたが、秋の味覚に舌鼓を打ちながら話に花を咲かせている頃に北茨城の鈴木茂さんが到着。今回も写真撮影を引き受けて下さった千葉県の鈴木勝昭さんからは、12月に出版される小説の案内がありました。農民作家の誕生です。9時過ぎからはロッジに場所を移し、落ち着いた中での交流が始まった。淡路島から参加した清水呂益さんの土砂崩れ体験談には何度聞いても改めて驚き、考えさせられてしまう。

 

翌朝、食事の後はブロック総会。鈴木茂さんから参加者名簿に経営状況など多くの情報を載せれば話も弾み、更に充実した交流会になるのではないかと意見が出された。これは次回から実行したい。

埼玉の長谷川さんからは、ついに念願の自然養鶏を始めたとの報告がありました。

 

また、次の交流会は来年2月頃に千葉県長柄町・加藤晟次さんの幹事で開くことになった。

埼玉県春日部市から現地に入植し、栗と卵を近所の道の駅に出荷しているそうですから、そちらも見学も楽しみです。

来年3月の理事会には西村の他にブロックを代表し鈴木勝昭さん、竹渕淵進さんを送り出したいと提案し、了承されました。全国の会員と交流を深めるために他にも2名までの参加希望者には旅費半額をブロックで負担するようにお願いし、了承されました。希望者は事前に西村まで申し込んで下さい。全国自然養鶏会といいながらもなかなか交流が全国に広がらないで居ますが、「鶏声」やメーリングリストで良く名前を目にする方と直接交流して下さい。

今回の参加者は兵庫県から清水呂益さん、福島県から芳賀克彦さん、神奈川県から新井真幸さん、埼玉県から長谷川広司さん、群馬県から竹渕進さん、茨城県から高田初美さん、鈴木茂さん、千葉県から鈴木勝昭さん、笠原秀樹さん、西村、加藤晟次さん、ゲスト参加の永井治子さん、千葉耕三さんでした。

    後列 左から 高田初美、加藤晟次、鈴木勝昭、鈴木茂、新井真幸

    前列左から  西村和彦、芳賀克彦、清水呂益、長谷川広司



関西ブロック夏の交流会in高知&淡路島

2011年04月01日(金) 鶏声編集委員 増田

関西ブロック夏の交流会in高知&淡路島

 

和歌山 妹尾明彦

 

 恒例の夏の交流会が9月3、4日の2日間、お隣の四国ブロック、高知県で開催されました。

 参加者は、井上さん、今井さん、上垣さん、清水さん、西林さん、橋本さん(以上兵庫)、新入会の草野さん(滋賀)、田中さん(大阪)、冨士谷さん、ヒグチファームの密田さん(以上奈良)、妹尾(和歌山)の11名。高知の会員である奥田さん夫妻も夜の懇親会から参加していただきました。

 3日午前10時ごろに和歌山の自宅を出発した私は、1時間ほどで大阪府河南町の田中さんの鶏舎に到着。ここで、田中さん、冨士谷さん、密田さんと合流して、車1台でまずは淡路島を目指して出発。大阪、兵庫を走り抜けて、明石海峡大橋を渡り、淡路島のサービスエリアで明石の橋本さんと合流。昼食を食べて、南国・土佐を目指しました。

 高知市内に到着したころにはもうすっかり夕方になっていました。龍馬記念館を足早に見学して、ホテルへ。しばらく部屋でくつろいでいると、兵庫県勢のみなさんと草野さんが到着。長旅の疲れを癒すために風呂に入った後、宴会場で懇親会となりました。

 

 

 懇親会から奥田さん夫妻も駆けつけていただき、自己紹介、近況報告をしながら鶏飼い談義に花を咲かせました。部屋に会場を移してからも毎度のように尽きない話が続き、寝静まった頃にはとっくに日付が変わっていました。

 

 

翌4日は朝食をとった後、早々に宿をたち、南国市にある奥田さんの鶏舎へ向かいました。

 

写真左)鶏舎のわきに据えられた卵の自動販売機。奥田さんのこだわりを看板でPR。

写真右)鶏舎の入口で靴裏の消毒。ブーツカバー、新しい靴の持参など当たり前になってきた。

 

 

 

 

平らな田んぼが広がる中にある奥田さんの鶏舎。見通しのいい道路に面していて、お客さんが直接買いに来るにしても、エサを搬入するにしても便利そうです。狭い山の中に鶏舎がある私にとってはうらやましい立地です。

 数千羽飼う広い鶏舎ですが、奥田さんが自ら大工仕事や溶接をして作り上げた手作りの後があちこちでうかがえます。飼料配合などを行う作業場は整理整頓されていて、ここでも感心。餌の配合ラインの中に計量器を入れて作業効率にも配慮がされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 奥田さんのところでは、約70日ごとに年5回、1回に450羽え付けするとのこと。1年間産ませた後、以前はそのままとう汰していましたが、現在は全て1羽ずつケージに上げて、産卵状況を記録しています。産卵の悪いものはとう汰しますが、良い個体は産ませ続け、通常の平飼い卵より安く販売しているそうです。

 

1)  作業の効率化

2)  コストの削減

3)  収益の拡大

 経営としては当たり前のことですが、常にそれらのことに注意を払いながら日々鶏飼いに励んでいらっしゃる奥田さんの姿勢が鶏舎のあちこちからうかがえました。

 

 鶏舎見学の後、総勢11人であつかましくも奥田さん宅におじゃましてお茶をいただきました。奥田家の皆様、本当にお世話になりました。

 

 

  高知を後にした一行は帰路につき、途中で淡路島の清水さんの鶏舎へ向かいました。清水さんの自宅と鶏舎は眺望と日当たりの良い高台にあります。通常の採卵鶏ボリスブラウンに加えて、ウコッケイ、アローカナ、くろどり、卵肉兼用種など、飼育している鶏種は多彩で特色ある養鶏を展開されています。

 ハーブや醤油粕を活用した独自の飼料づくりも熱心に研究されています。この日は、兵庫県の醤油メーカー「ヒガシマル醤油」の方も来て、醤油粕を活用したタンパク飼料を紹介していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 作業場に吊るされたネズミよけのヘビ          烏骨鶏

 

 

 関西ブロックは夏と冬の年2回交流会を開き、会員同士の交流と情報交換をしています。毎回、和気あいあいとした雰囲気の会ですので、まだ参加したことがない方々も奮ってご参加下さい。

 最後になりましたが、ブロック長の井上さん、会計の清水さん、今回も有意義な交流会の準備、ご苦労様でした。




4 / 512345